200 年企業を目指す「笠盛の信条」

1、社員の幸せを追求し人間性を高める
2、お客様に喜ばれ感謝される
3、地域から歓迎され、必要とされる

200 年企業を目指すための経営スローガン

斬新な刺繍といえば笠盛
~日本や桐生の業格向上の北極星となる会社~

経営理念

現場におけるすべての判断基準であり行動指針
この積み重ねが社風
笠盛人らしい判断の基準であり行動の規範

一人ひとりが業界No.1の志事を創る
~常に一歩一歩高みにチャレンジ~

会社概要

社名 : 株式会社 笠盛

創業 : 1877年(明治10)3月
設立 : 1950年(昭和25)7月

資本金 : 1000万円
社員数 : 27人

代表者 : 笠原 康利

設備 : ジャガード刺繍機各種(コード、サガラ、レーザーカット、スパンコールを含む)、刺繍プログラム作成機、特殊ミシン各種

住所 : 〒376-0005 群馬県桐生市三吉町1-3-3

Tel : 0277-44-3358
Fax : 0277-44-3387

沿革

1877年(明治10)、群馬県桐生市に帯の織物業として創業。1960年代にジャカード刺繍機を導入して、刺繍業に転身します。その後、企画開発に十分時間をかけ、独自技術「カサモリレース」を開発します。

その技術を利用した服飾付属品や新たな刺繍加工品を企画し、東京やパリなどの様々な展示会で発信し、国内外のデザイナーやアパレルメーカー等と一緒により良いモノづくりに日々取り組んでいます。またオリジナルブランド「000」を立ち上げました。和装から洋装まであらゆる衣料加工に取り組み、最新鋭の刺繍機とレーザーカット等のテクノロジーと熟練の職人との融合よる高い技術力をベースに高品質な製品を生み出しています。

1877年(明治10) 桐生にて織物業を始める。当初は水車で動力をとって撚糸や染色を行い、手織り織機で和装の帯を織る
1917年(大正5) 会社名を笠嘉織物から笠盛織物に変更する
1949年(昭和24) 『笠盛献上』の着物帯を生産し、大ヒットする
1962年(昭和37) 刺繍業を始める
1972年(昭和47) 株式会社笠盛に名称を変更する
2001年(平成13) インドネシアにPT.KASAMORIを設立(2005年撤退)
2006年(平成18) 群馬県の「一社一技術」に指定される
2007年(平成19) 「modamont」に出展し、VIP Products に選定
2010年(平成22) 「000(トリプル・オゥ)」ブランドがスタート
2014年(平成26) 「スフィア」シリーズがグッドデザインぐんま大賞を受賞
2015年(平成27) 「スフィア シルクラリエット」がグッドデザインぐんま奨励賞を受賞
「スフィア ネックレス(現スフィア カラー)」が the wonder 500 に認定
wonder 500
2016年(平成28) 「ペアデザインの蝶タイとネックレス」がグッドデザインぐんま大賞を受賞
2017年(平成29) 「トリプル・オゥ」 おもてなしセレクション 金賞 受賞