【4/29】ゴールデンウィーク初日に、トリプル・オゥのファクトリーツアーをライブ配信いたします!

トリプル・オゥのアクセサリーの秘密にせまる、人気のファクトリーツアーを、ライブ配信で開催いたします。

 

オンラインでは2回目となる今回は、昨年新設された笠盛パークからお届け。

糸のアクセサリーはどうやって作られるのか?その製造工程を職人がご案内いたします。

 

“糸で出来ているアクセサリー”

そう一言に表しても、正確にイメージ出来る方は少ないのではないでしょうか?

「本当に糸だけで出来ているの?」「どうやって形にしているんだろう?」

この配信を通してそんな皆様の疑問にお答えします。

 

配信では普段は入れない新工場の内部や、実際に特許を取得したトリプル・オゥのアクセサリーが縫われているところをご覧頂けます。モノづくりの楽しさや、私たちの商品へのこだわりなどが感じられる1時間です。

 

すでにトリプル・オゥをお持ちの方は、お手元にアクセサリーをご用意頂き、実物を見ながらご参加ください。

 

また、インスタライブのコメントにて、お客さまからの疑問・質問に、リアルタイムでお答えいたします。コメントはどんな小さなことでもOKです!ぜひ皆さまのお声をお寄せください。

 

現在、親子で見ても楽しめる、オンラインファクトリーツアーを準備中です!遠方にお住まいで現地に来られない方や、ゴールデンウィークにお家時間を過ごされる方など、ぜひお気軽にご参加ください。

スタッフ一同、全国の皆さまとお会いできることを楽しみにしてお待ちしております。

 

【詳細】

000(トリプル・オゥ)ファクトリーツアー 

参加費:無料  

期間:2022年4月29日 15:00~16:00

配信メディア:000公式インスタグラム

https://www.instagram.com/tripleo_officia)

事前予約はございません。Instagramをご覧になれる方はどなたでも参加可能です。

 

 

 

 

 

【応募ありがとうございました】一緒に働く仲間を募集します(パート)

この求人は終了いたしました。

「ファッションに興味のある方」「手芸好きな方」「ものづくりに興味のある方」

ぜひ、私たちと一緒に刺繍のお仕事をしませんか?

 

——————————–

週12時間以上働ける方

——————————–

子育てママさんが活躍している職場です。

・土日休みなので家庭との両立がしやすいです。(完全土日休み可能)

・急なお子さんの体調不良や学校行事等にも、安心してお休みいただけます

・週12時間~とスキマ時間を有効に活用できます。

 

 

【主な業務内容】

刺繍に携わる作業(ミシン操作 仕上 検品 発送 など)

笠盛では以下の二事業を主軸に展開しており、両事業にてスタッフを募集しています。

 

・OEM事業

アパレルブランドやデザイナーさんの要望に応える刺繍加工を行っています。

・トリプル・オゥ事業

刺繍アクセサリーブランド「トリプル・オゥ」の企画・製造・販売を行っています。

 

 

【給与】

時給865円~

 

賞与あり

交通費規定支給

研修期間あり

 

【勤務地】

笠盛本社(桐生市三吉町1-3-3)もしくは笠盛パーク(桐生市新宿3-4-7)

 

【応募条件】

・笠盛の理念に共感できる方

・刺繍に興味ある方

・週12時間以上&週3日以上働ける方

*経験は問いません。一緒に働いている仲間が丁寧に教え、学んでいただきます。

 

【応募方法】

メールにて、片倉(カタクラ)までご連絡ください。

 y.katakura@kasamori.co.jp 

 

1、履歴書

2、働ける曜日や時間

応募後、面接の日時をご連絡させていただきます。

 

【〆切】

5月10日 18:00 応募締め切りとさせていただきます。

 

 

【わくわく、ドキドキの職場】

トリプル・オゥのマネージャー 片倉です。今回一緒に働く仲間を募集にあたり、採用に対する思いをお伝えさせていただきます。

 

一緒に働くとは、笠盛の理念で繋がった仲間ということです。笠盛の理念一言で要約するならば「感動(=心を動かす)の創造」です。つまり、「笠盛とつながる人に感動を届ける」ための仲間です。

 

お客様の心を動かす為に、「こうしたらもっといいよね!」「ここ変えてみようよ!もっとよくなりそうだ。」など創意工夫のアイデアが社内で飛び交っています。そんな先読みの行動からお客様に喜んでいただけたときが最高の喜びになります。

 

おかげさまで当社が成長を続けられているのは、お客様のお陰でもありますが、日々「わくわく、ドキドキ」しながら進化をやめない笠盛で働くすべてのスタッフのお陰です。

嬉しい悲鳴ですが、生産が追いつかず残業をしないと納品が間に合わない状況が続いています。忙しいあまりに、わくわくドキドキが二の次にならない為にも一緒に働いて下さる仲間を探しています。私たちとわくわく、ドキドキ、時にはハラハラしながら一緒に働いてください。皆さまからのご応募、心よりお待ちしております。

 

【沿革】

1877年(明治10)、群馬県桐生市に帯の織物業として創業。1960年代にジャカード刺繍機を導入して刺繍業に転身後、独自技術「カサモリレース」を開発。その技術を利用した服飾付属品や新たな刺繍加工品を企画し、東京やパリなどの様々な展示会で発信。国内外のデザイナーやアパレルメーカー等と一緒により良いモノづくりに日々取り組んでいる。2010年に刺繍アクセサリーブランド000(トリプル・オゥ)をスタート。その後も最新鋭の刺繍機やレーザーカット等のテクノロジーと熟練の職人との融合による、高い技術力をベースにさまざまな刺繍製品を生み出しています。2020年には桐生市新宿に工場を増設。「笠盛パーク」と名づけ、生産拠点だけではなく「繋がる」場所を目指しています。

 

【笠盛で働くひと】

笠盛で働くスタッフに実際の仕事について聞いてみました。スタッフの生の声を聞いて、是非あなたが笠盛で働いている姿を思い浮かべてみてください。

 

宇賀神(パート)

私は新潟出身です。新潟の百貨店で婦人服の販売をしていましたが、結婚を機に15年前に桐生に移り住みました。それまでは一人暮らしもしたことがなかったので、桐生に来るときはわくわくしましたね。子どもが保育園に入ったタイミングで、笠盛に入社しました。販売の仕事も楽しかったですけど、意外と今のようなものづくりのほうが好きかもしれません。

 

Q

仕事内容教えてください。

A

トリプル・オゥ 刺繍アクセサリーの仕上げ

 

Q

仕事を始めたきっかけはなんでしたか?

A

桐生に来て、ものづくりに携わる仕事をしたいと思っているときに笠盛(トリプル・オゥ)に出会いました。

 

Q

仕事で大変に感じることや、やりがいを感じる瞬間はなんですか?

A

細かい作業が続くため、目も疲れますが、お客さまから届く商品の感想などの声を聞けたときやりがいを感じます。好きなことを仕事にできて幸せです!

 

Q

職場の雰囲気はどうですか?

A

みんな協力的で、常に新しいことにチャレンジしている姿は刺激になります。

 

星(パート)

元々、子供の服やヘアアクセサリーを作ったりするのが好きでした。好きが仕事にできたらいいなと思っていた時に笠盛と出合い、入社しました。1枚1枚お客様が身に着けたことを想像しながら作業にあたっています。たくさんの人がかかわって1つの商品が仕上がるので、チームプレーを大切にしています。

 

Q

仕事内容教えてください。

A 

OEM事業部 刺繍の仕上げ、検品、袋づめ作業

 

Q

仕事を始めたきっかけはなんでしたか?

A

子供の服やヘアアクセサリーを作ったりするのが好きだったのですが、タイミングよく友人の紹介で笠盛にはいりました。

 

Q

仕事で大変に感じることや、やりがいを感じる瞬間はなんですか?

A

毎日何百枚と仕上げ作業をするときもあり、気を抜けませんが色々なデザインの刺繍に携わることができ毎日わくわくします。自分が担当した服がテレビで芸能人が着用していたりすると感動します。

 

Q

子育てと仕事の両立に不安はありましたか?

A

面接の際に笠原会長の言葉がとても印象に残っています。「お子さんのことを優先してください。子どもは社会の宝ですから!!」子どものことで仕事を休みがちになるんじゃないかと不安に思っていたのでこの言葉で肩の荷がすっと下りました。

 

Q

職場の雰囲気はどうですか?

A

社員のアイデアを形にしたり、誕生日会を開いてくれたり一人一人を大切にしてくれます。温かい職場です。

 

 

【メディア記事】

私たちの取り組みを紹介いただいた記事です。笠盛という会社がどんなことを考え、どんな事業を行っているかの理解を深める手助けになればと思います。ぜひご覧ください。

 

<つぐひ>

桐生発、世界に誇る技術力で刺しゅうの概念を変えた、三次元の糸玉アクセサリー

https://www.tsuguhi.jp/interview/20210628kasamori/

 

<上毛新聞>

老舗のDNA 群馬の百年企業に取材いただきました。

https://www.jomo-news.co.jp/articles/-/77289

 

https://www.jomo-news.co.jp/articles/-/81228

 

https://www.jomo-news.co.jp/articles/-/84868

 

最後に

いかがでしたでしょうか? 仕事に興味はあるけど、わたしにできるかな?と思っている方、安心してください。働いている私たち全員ができないから始まっています。

応募前に質問などある方はお気軽にお問い合わせください。

 

問い合わせ y.katakura@kasamori.co.jp

 ※【求人について】と明記お願いします。

 

 

 

【メディア掲載】老舗のDNA 群馬の百年企業

上毛新聞の連載コーナー「老舗のDNA 群馬の百年企業」に掲載いただきました。

 

笠盛は幾度となく倒産の危機に直面しましたが、乗り越え今日までのれんも守ることができました。一言にまとめると「チャレンジ」です。たくさんの失敗もしましたが、失敗から多くのことも学び新しい道を切り開くことができました。これまで海外進出や自社ブランド立ち上げなどの取り組み、これからの未来像などをご紹介いただいていますので、ぜひご覧ください。

https://www.jomo-news.co.jp/articles/-/77289

 

https://www.jomo-news.co.jp/articles/-/81228

 

https://www.jomo-news.co.jp/articles/-/84868

湯けむりアーカイブ NEWS

群馬県庁が企画運営する『湯けむりアーカイブス』の最新動画で、(株)笠盛のファクトリーブランドであるトリプル・オゥが紹介されました。『湯けむりアーカイブス』は県内の優れた文化や産業を映像として残し、未来につなげる取り組みとなります。本企画は群馬の産業であるシルクにフォーカスし、シルク糸が生まれてから製品になるまでを丁寧に紡いだドキュメンタリーです。

 

トリプル・オゥはシルク糸が製品になる過程を紹介する後編に登場します!

 

美しい映像は見ているだけでも楽しく、群馬のシルクや私たちのモノづくりへの考えを、知って頂ける内容となってますのでぜひご覧ください。

 

動画はYouTubeにてご覧いただけます。下記のリンクをクリックして下さい。(前後編合わせて13分程となっております。)

 

【絹のたどる道〜繭から糸へ】群馬のシルク産業(上)碓氷製糸株式会社|湯けむりアーカイブス

 

【絹のたどる道〜糸から製品へ】群馬のシルク産業(下)繊維工業試験場 / 株式会社笠盛 |湯けむりアーカイブス

 

 

桐生テキスタイルプロモーションショー出展のお知らせ

同展は繊維の産地である桐生市メーカーが集まり、年に1度開催される、アパレル、ファッション業界向けの見本市となります。

 

今回は、同市内の織物メーカー(株)須裁さまとコラボレーションし、オリジナルで織られた生地に刺繍を施した新作をご紹介いたします。その他、ウレタンを入れ込んだ立体的な刺繍、手刺繍風など幅広い刺しゅうテクニックをご覧頂けます。

 

ぜひお立ち寄りいただき、笠盛の刺繍をご堪能いただければと思います。

 

◆日程

3月9 日(水)10:00 – 19:00

3月10日(木)10:00 – 17:00

 

◆会場

ベルサール渋谷ガーデンB1F Cホール

東京都渋谷区南平台町16-17 住友不動産渋谷ガーデンタワー

 

 

※入場に関してアポイントメントや予約の必要はございません。会期中はどなたでも入場が可能です。(入場の際にお名刺を頂戴いたしますので、先にご用意いただけるとスムーズです。

 

皆様のご来場心よりお待ちしております。

 

中小企業庁「はばたく中小企業・小規模事業者300社」に選定されました

この度、2021年度の中小企業庁が選定する「はばたく中小企業・小規模事業者300社」に株式会社笠盛が選ばれました。

 

革新的な製品・サービス開発、地域経済の活性化、多様な人材活用の観点から、優れた取り組みを行っている中小企業・小規模事業者が選ばれます。

 

特に「生産性向上」、「需要獲得」、「人材育成」の3つの分野での取り組みを評価いただきました。

 

2021年12月22日

 

詳細はこちら

https://www.meti.go.jp/press/2021/12/20211222005/20211222005.html

 

受賞企業一覧はこちら

https://www.meti.go.jp/press/2021/12/20211222005/20211222005-1.pdf

 

 

一緒に働きませんか

一緒に働いていただける仲間を募集(パートスタッフ)   

 

「ファッションに興味のある方」「手芸好きな方」「ものづくりに興味のある方」

ぜひ、私たちと一緒に刺繍のお仕事をしてみませんか?

 

パートタイムスタッフ募集  

————————————————–

1日実働5.5時間~、週4日~以上働ける方

————————————————–

業務拡大につき、パートスタッフを募集いたします。20代~70代まで幅広い世代のスタッフが働く職場です。子育て主婦さんやシニアの方も活躍中です。お子さんの体調不良や行事等にも、皆でシフト調整して対応しています。

 

【主な業務内容】

刺繍に携わる作業(ミシン操作 仕上 検品 発送 など)

笠盛では以下の二事業を主軸に展開しており、両事業にてスタッフを募集しています。

 

◆OEM事業

アパレルブランドやデザイナーさんの要望に応える刺繍加工を行っています。

 

◆トリプル・オゥ事業

刺繍アクセサリーブランド「トリプル・オゥ」の企画・製造・販売を行っています。

ブランドHPはこちら>>

 

【給与】

時給865円~

賞与あり

交通費規定支給

社員登用あり

研修期間あり

 

【勤務地】

笠盛本社(桐生市三吉町1-3-3)もしくは 笠盛パーク(桐生市新宿3-4-7)

 

 

【応募条件】

・笠盛の理念に共感できる方

・刺繍に興味ある方

*経験は問いません。一緒に働いている仲間が丁寧に教え、学んでいただきます。

 

【応募方法】

メールにて、片倉(カタクラ)までご連絡ください。

 y.katakura@kasamori.co.jp 

 

1、履歴書

2、働ける曜日や時間

※応募後、面接の日時をご連絡させていただきます。

 

ABOUT 笠盛

私たちは、創業140年の刺繍工房「笠盛」です。

豊かな自然に囲まれた桐生で、

織物や刺繍など「糸」に携わってきました。

ものづくりでの、ワクワク・どきどき」を大切にし

刺繍を通して新しい日常を作ることを目指しています。

その実現のためにの信条・スローガン・理念を実践しています。

 

200 年企業を目指す「笠盛の信条」

1、社員の幸せを追求し人間性を高める

2、お客様に喜ばれ感謝される

3、地域から歓迎され、必要とされる

 

 

応募お待ちしております。

 

 

 

 

 

FACE DRESS「グッドデザインぐんま」大賞を受賞&12月17日より販売開始

12月10日(金)に第27回「グッドデザインぐんま」大賞を受賞いたしました。

ファクトリーブランド「FACE DRESS」のマスクを、12月17日より工場併設のファクトリーショップ(以下FS)にて販売開始いたします。

 

「FACE DRESS」は今年3月にクラファンMAKUAKEにて達成率992%を記録したファクトリーブランドです。コロナ禍で生まれた新しいファッションの形として、男女問わず身に着けられる、エレガントなファッションマスクを提案します。

 

今回のグッドデザインぐんまでは、全85点の応募の中から、デザイン性と機能性を兼ね備えた点が評価され、大賞に選出されました。受賞商品は2022年2月5日(土)6日(日)にスマーク伊勢崎(群馬県伊勢崎市)でも展示販売されます。

 

詳細

FS営業日:毎月第一土曜、第三金土曜(平日事前予約制)

発売開始:12月17日(金)~ 場所:群馬県桐生市三吉町1-3-3

商品価格:¥11000(税込)カラー:全5色

 

 お問い合わせ先:

株式会社笠盛 広報部 担当野村 

TEL 0277-44-3353 /FAX 0277-44-3387 

Email pr@kasamori.co.jp 

 

FACE DRESS オフィシャルサイトはこちら>>

 

ジャパンクリエーション出展

12月7日(火)&8日(水)に東京国際フォーラムにて開催されますテキスタイルや繊維製品の展示会「ジャパンクリエーション」に出展いたします。

 

今回の展示会では、アパレル企業様に向けて、前回の展示会同様の原反総柄刺繍や立体感が特徴のレーザーカット刺繍(画像上)、スタッズ風刺繍など、笠盛独自の技法を盛り込んだこだわりの刺繍を展示いたします。皆さまのご来場お待ちしております。

 

JFW JAPAN CREATION 2022

 

場所:東京国際国際フォーラム ホールE-1(B2F)

会期:2021年12月7日(火)10:00~18:00

      2021年12月8日(水)10:00~18:00

来場:事前登録制(入場無料)

ブース番号:J-42

 

公式サイトはこちら>

 

JFW Japan Creation 2022

 

 

史上初の工芸産地体験型イベント「日本工芸産地博覧会 大阪2021」開催!

11月末、体験型イベント「日本工芸産地博覧会 大阪2021」が、大阪で開催されます。北は北海道、南は沖縄まで50を超えるつくり手が集い、ひとつの産地をつくる“史上初”の試みです。

トリプル・オゥ(笠盛)もブースを構え、普段は産地に行かないと見られない・体験できないものづくりの様子をお届けします。人の手によって生み出される「工芸」がこれまで以上に好きになる、そしていつか本当の産地へ行きたくなる、そんなイベントを目指して鋭意準備中です。皆さまのお越しを心よりお待ちしております。

 

職人の技を見て、話を聞き、全ての工芸に触れる3日間

目指したのは、産地のまるごと体験。

竹工でできた入場ゲートをくぐると、「伊達干しやぐら」や「たたら吹き」のインスタレーションが出迎えます。さらにガラス、金属、石工、陶磁器、木工、漆、紙、繊維、皮革など全国53の工芸産地が集結し、実際に製造現場を見学しているような臨場感ある実演やワークショップ、物販、産地の風土に根付いたフードマルシェなどが登場します。

トリプル・オゥ ワークショップ

刺繍廃材を利用して、オリジナルのクリスマスオーナメントづくりです。星&ツリーモチーフのベースにさまざまな刺繍モチーフやパーツを組み合わせて自分だけのオリジナルを手軽に制作できるワークショップです。

<概要>
日程:11/26(金)・27(土)・28日(日)
時間:①10:30 ②12:00 ③13:30 ④ 15:00
所要時間:1回60分程度
参加費:1人1,500円(税込)
定員:各回4名(1日最大16名まで)
当日券:残券がある場合のみ当日ブースにて販売

予約できるようになりました。(11/14更新)

予約はこちらから

 

 

ワークショップ例

【 玉川堂】

1816年創業、銅板を金鎚で叩いて整形する鎚起銅器の技を継承。ワークショップでは金鎚で「銅器小皿製作体験」を開催予定。

【Hacoa】

越前漆器の木地作りで培った技術力と伝統をベースにした木製雑貨ブランド。ワークショップでは「無垢の鉛筆づくり」を開催予定。

【能作】

400年伝わる鋳造技術を用いて仏具・茶道具等を製造する鋳物メーカー。ワークショップでは「錫の鋳物体験」を開催予定。

【中川政七商店】

1716年麻織物の商いで創業後、工芸をベースにした生活雑貨を生み出す。ワークショップでは「しめ縄飾り製作」を開催予定。

 

 

出店ブランド一覧

かもしか道具店/Sghr 菅原工芸硝子/Hacoa/マルヒロ/玉川堂/能作/育陶園/HIDA/堀田カーペット/奥出雲前綿屋鐵泉堂/中川政七商店/ササキ工芸/OIGEN/注染手ぬぐい にじゆら/中村節朗石材/アルテマイスター/菊井鋏製作所/ヤマチク/弘前こぎん研究所/指勘建具工芸/和ろうそくkobe松本商店/谷口眼鏡/高野竹工/中井産業/チエモク/増田桐箱店/清原織物/すずも提灯/SOUKI/まくらのキタムラ/ISHIDASEIBOU/トリプル・オゥ(笠盛)/鍋島虎仙窯KOSEN/FLAT(髙田織物)/箸蔵まつかん/和泉木綿/琉球びんがた普及伝承コンソーシアム/堺一文字光秀/HEP/幸呼来Japan/乾レンズ/タケフナイフビレッジ/五十嵐製紙/漆琳堂/佐藤繊維/京都絞美京/CHROMES/絞り染め体験工房 角野晒染/京からかみ 丸二/京都川端商店/伝統みらい/京都 宮井/エコノレッグ

 

“Lives & C rafts” 工芸について考えるカンファレンス

工芸や文化について深く考えるきっかけを提供するカンファレンスも同時開催。

テーマは、“Lives&Crafts”。現在開催中のドバイ国際博覧会にて日本館クリエイティブアドバイザーを務める齋藤精一氏、ファッションブランドmatohuにて手仕事を見つめなおすメディア「手のひらの旅」を展開する堀畑裕之氏、関口真希子氏、宗教史学者であり日本文化の深耕を牽引する中沢新一氏をはじめ多数のゲストが登壇し、工芸、産地、いのち、いとなみについて、講演およびパネルディスカッションを行います。

 

開催概要

日本工芸産地博覧会 大阪2021

日程:2021年11月26日(金) 、27日(土)、28日(日)

場所:大阪 万博記念公園(大阪府吹田市千里万博公園1-1)

入場料:無料

内容:日本全国の工芸品の展示・販売、ワークショップイベントの開催

   マルシェイベントの開催、カンファレンスイベントの開催

出店:工芸メーカー53社、フードマルシェ約10店

詳細はWEBサイトhttps://kougei-sunchi.or.jp/expo/ をご確認ください。