「ファッションに興味のある方」「手芸好きな方」「ものづくりに興味のある方」

ぜひ、私たちと一緒に刺繍のお仕事をしてみませんか?

募集職種

①刺繍加工事業 刺繍機オペレーター・QC&仕上げ【正社員】

②「トリプル・オゥ」生産/QC&仕上げ 【正社員/パート】


業務詳細

①刺繍加工事業 刺繍機オペレーター・QC&仕上げ【正社員】

 

【主な業務】

ファッションブランド向け刺繍加工事業に関わるお仕事です。

  • 生産(刺繍機オペレーション、仕上げ・検品作業)および生産管理

 

【給与】

月給170.000円〜

実務経験によって応相談

※刺繍プログラム経験者、刺繍加工業務経験者優遇

賞与あり

交通費規定支給

研修期間(3か月165.000円)

 

【勤務時間】

8:30-17:30

繁忙期、残業あり

会社カレンダーによる年末年始、夏季休暇あり

年間休暇105日

【勤務地】

本社(桐生市三吉町)&笠盛パーク(桐生市新宿)


②「トリプル・オゥ」生産/QC&仕上げ 【正社員/パート】

※パートタイム※週28時間以上働ける方

 

【主な業務内容】

  • 刺繍アクセサリーの仕上げ・検品作業
  • 梱包作業

商品が生まれる現場でチームスタッフと協力し、商品の改善・改良に取り組み、より良い商品を作ることを目指します。

 

【給与】

~正社員~

月給170.000円〜

実務経験によって応相談

※刺繍プログラム経験者、刺繍加工業務経験者優遇

賞与あり

交通費規定支給

研修期間(3か月165.000円)

 

~パート~

時給935円~

賞与あり

交通費規定支給

研修期間あり

 

【勤務時間】

8:30-17:30

繁忙期、残業あり

会社カレンダーによる年末年始、夏季休暇あり

年間休暇105日

 

パートの一例

9:00~17:00(7時間) 週4日勤務 週合計28時間

 

【勤務地】

笠盛パーク(桐生市新宿)&本社(桐生市三吉町)


応募条件

・笠盛の理念に共感できる方

・刺繍に興味ある方

・週28時間以働ける方(パート希望の方)

*経験は問いません。一緒に働いている仲間が丁寧に教え、学んでいただきます。

 

応募方法

メールにて、下記該当書類を片倉(カタクラ)までお送りください。

 y.katakura@kasamori.co.jp 

 

1、希望職種①②をお知らせください(両方に興味ある場合は、①②両方希望と明記ください)

2、履歴書

3、働ける曜日や時間(パートへ応募の方)

4、職務経歴書

5、自己紹介シート(正社員へ応募の方必須&書式自由)

応募後、面接の日時をご連絡させていただきます。

 

応募締め切り

6月28日(金) 15:00 締め切り


笠盛について

わくわく、ドキドキの職場へようこそ!

こんにちは!トリプル・オゥ マネージャー片倉です。今回、一緒に働く仲間を募集するにあたり、私たちの職場と採用に対する思いをお伝えさせていただきます。

笠盛の理念と仲間

私たちが大切にしているのは、「感動(=心を動かす)の創造」という笠盛の理念です。この理念のもと、お客様の心に響く感動を届けるために、日々努力しています。一緒に働く仲間とは、この理念で結ばれたチームメイトです。

創意工夫と成長

私たちの職場では、「こうしたらもっと良くなる!」「ここを変えてみよう!」といった創意工夫のアイデアが飛び交っています。例えば、Aさんが新色の提案をしてくれました。試作品が完成するとすぐに大反響を呼びました。お客様から「新色がとても気に入りました」といったフィードバックをたくさんいただき、売上も大幅に向上しました。このように、先読みの行動が、お客様の期待を超える感動を生み出し、私たちの最高の喜びとなっています。私たちが成長を続けられているのは、お客様のおかげであると同時に、日々「わくわく、ドキドキ」しながら進化を続けるスタッフ全員のおかげです。

新たな仲間を募集

私たちと共に「わくわく、ドキドキ」しながら、時には「ハラハラ」する瞬間を楽しんでくれる新たな仲間を捜しています。。皆さまからのご応募を心よりお待ちしております。  片倉


沿革

1877年(明治10年)、群馬県桐生市に帯の織物業として創業。1960年代にジャカード刺繍機を導入し、刺繍業に転身。その後、独自技術「カサモリレース」を開発しました。この技術を活かして、服飾付属品や新たな刺繍加工品を企画し、東京やパリなどの様々な展示会で発信しています。

国内外のデザイナーやアパレルメーカーと協力し、より良いモノづくりに日々取り組んでいます。2010年には刺繍アクセサリーブランド「000(トリプル・オゥ)」を立ち上げました。最新鋭の刺繍機やレーザーカット技術と熟練の職人技を融合させ、高い技術力をベースに様々な刺繍製品を生み出しています。

2020年には桐生市新宿に「笠盛パーク」と名づけた工場を増設し、生産拠点としてだけでなく「繋がる」場所を目指しています。


笠盛で働くひと

ミシンスタッフ(正社員) 國松

Q 笠盛を選んだ理由は何でしたか?

A. 笠盛ともう一社で迷っていたのですが、学校で学んだことを活かした仕事がしたかったので笠盛を選びました。それと正直、笠盛の方が家から近かったのもあります笑

 

Q 仕事で大変に感じることや、やりがいを感じる瞬間はなんですか?

A. 難しい柄を縫ったりする時が大変です。

柄ズレしないように工夫したりして無事縫い終わらせることが出来ると達成感があります。

 

いろんな刺繍の縫い方を覚えていって自分のスキルが上がったと感じる時もやりがいを感じます。

 

Q 仕事でのこだわりなどありましたらおしえてください

A. 効率を考えながら仕事をしていることです。

 

仕事内容によっては机をミシンに近づけて歩数を減らすようにしたり、縫っている間に次の回転の準備をしたりなど他にもいろいろ状況に合わせてどうしたら早く多く縫えるか考えています。

 

前日より多く縫うことができると嬉しくなります!


仕上げスタッフ(パート) 宇賀神

私は新潟出身です。新潟の百貨店で婦人服の販売をしていましたが、結婚を機に15年前に桐生に移り住みました。それまでは一人暮らしもしたことがなかったので、桐生に来るときはわくわくしましたね。子どもが保育園に入ったタイミングで、笠盛に入社しました。販売の仕事も楽しかったですけど、意外と今のようなものづくりのほうが好きかもしれません。

 

Q 仕事内容教えてください。

A トリプル・オゥ 刺繍アクセサリーの仕上げ

 

Q 仕事を始めたきっかけはなんでしたか?

A 桐生に来て、ものづくりに携わる仕事をしたいと思っているときに笠盛(トリプル・オゥ)に出会いました。

 

Q 仕事で大変に感じることや、やりがいを感じる瞬間はなんですか?

 

A 細かい作業が続くため、目も疲れますが、お客さまから届く商品の感想などの声を聞けたときやりがいを感じます。好きなことを仕事にできて幸せです!

 

Q 職場の雰囲気はどうですか?

A みんな協力的で、常に新しいことにチャレンジしている姿は刺激になります。


仕上げスタッフ(パートタイム) 星

元々、子供の服やヘアアクセサリーを作ったりするのが好きでした。好きが仕事にできたらいいなと思っていた時に笠盛と出合い、入社しました。1枚1枚お客様が身に着けたことを想像しながら作業にあたっています。たくさんの人がかかわって1つの商品が仕上がるので、チームプレーを大切にしています。

 

Q 仕事内容教えてください。

A OEM事業部 刺繍の仕上げ、検品、袋づめ作業

 

Q 仕事を始めたきっかけはなんでしたか?

A 子供の服やヘアアクセサリーを作ったりするのが好きだったのですが、タイミングよく友人の紹介で笠盛にはいりました。

 

Q 仕事で大変に感じることや、やりがいを感じる瞬間はなんですか?

A 毎日何百枚と仕上げ作業をするときもあり、気を抜けませんが色々なデザインの刺繍に携わることができ毎日わくわくします。自分が担当した服がテレビで芸能人が着用していたりすると感動します。

 

Q 子育てと仕事の両立に不安はありましたか?

A 面接の際に笠原会長の言葉がとても印象に残っています。「お子さんのことを優先してください。子どもは社会の宝ですから!!」子どものことで仕事を休みがちになるんじゃないかと不安に思っていたのでこの言葉で肩の荷がすっと下りました。

 

Q 職場の雰囲気はどうですか?

A 社員のアイデアを形にしたり、誕生日会を開いてくれたり一人一人を大切にしてくれます。温かい職場です。


メディア記事

私たちの取り組みを紹介いただいた記事です。笠盛という会社がどんなことを考え、どんな事業を行っているかの理解を深める手助けになればと思います。ぜひご覧ください。

 

記事はこちらから

 

毎月1回 社員研修プログラム開催~笠盛人研修~

研修の内容を紹介していますので参考にしてください。

研修の様子はこちら(感謝)

 

最後に

いかがでしたでしょうか? 

仕事に興味はあるけど、わたしにできるかな?と思っている方、安心してください。

働いている私たち全員ができないから始まっています。

 

応募前に質問などある方はお気軽にお問い合わせください。

 

問い合わせ先: y.katakura@kasamori.co.jp  担当:片倉

 表題:【求人について】と明記お願いします。